製品

製品アーキテクチャ

FOAシステムは5レイヤー構造です。大きく分けて、現場のデータにタグ付けする「Indexing」、タグ付けしたデータを意味付けしCTMを生成する「Messaging」、意味付けしたメッセージ(CTM)を連結させてストーリー化する「Serializing」に分かれています。

製品アーキテクチャ

 

FOAシステムは、意味ありメッセージ(CTM)を生成するCG端末と、 CTMの辞書・収集管理やCTMジャーナルを管理するFEサーバーで構成しています。

データの5階層

 

FOA V5製品

FOAは、モノの流れを確実に捉え、現場の事実情報を情報短冊(CTM)として生成し、組織能力を進化・発展させるソリューションです。
FOAV5の製品は、情報短冊(CTM)の生成、カタログ、収集管理が行えるコアパッケージ(CMS、FE、CG、PAT、Easy-Maker)と、情報短冊(CTM)の帳票作成、モニタリング、サプライチェーンに沿ったダイナミックなトレース及び画像・動画情報との連携が行える活用パッケージ(R2 Viewer、AIS、E2Navi、Video-FOAなど)です。

製品 コアパッケージ 活用パッケージ
FOA V5

(CMS、FE、CG、PAT

Easy-Maker

AIS R2 Viewer
AP
(Action Panel)
E2 Navi
(End to End Navi)
Video-FOA
基本機能 基本機能 基本機能 オプション オプション
機能概要 CTMカタログ、収集管理

CTMの生成

CTMのデータ参照

CTMのデータを編集し

表やグラフを作成する

ツール

オンラインモニタリング主体にしたダッシュボード、ステータスモニターなんでもBox CTMを連結しサプライチェーンに沿って、ダイナミックなトレースが可能 イベントとリッチな画像・動画情報(背景情報)との融合

FOA V5 システム構成

FOAV5システムは、現場のPLCやタブレットなどからCTMを生成するCG(CG端末)、CTMの辞書・収集管理やCTMジャーナル管理を行うCMS、FE(FEサーバー)、マルチドメインでCTMのカタログ辞書を管理するRMCC(ドメイン)で構成しています。

FOA V5 システム構成

システム仕様

FEサーバとCG端末の仕様及び推奨ハードウェアを記載します。

 

システム仕様